スイス当局、国内6銀行の処分を準備-IMDBとペトロブラス絡み

スイスの金融市場監督当局FINMAは、マレーシアとブラジルでの汚職に絡み国内の6銀行の処分を準備していることを明らかにするとともに、スイスでのマネーロンダリング(資金洗浄)のリスクが近年高まってきたと警告した。

  マレーシア政府の投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)とブラジル石油公社(ペトロブラス)関連の汚職スキャンダルを受けて、FINMAは国内銀行20行余りについて不祥事との関連の可能性を調査したと、FINMAのマーク・ブランソン委員長が24日述べた。同委員長は銀行名を挙げず、検討されている処分の内容にも触れなかった。

  ブランソン委員長はスイスのルガーノを本拠とするプライベートバンクBSIのシンガポール部門が同国当局によって閉鎖された後に発言した。スイス当局は同行がマネーロンダリング防止規則に違反したことを発見した。FINMAは24日、同業のEFGインターナショナルによるBSI買収を承認した。

原題:Swiss Regulator May Penalize Six Banks Over 1MDB, Petrobas (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE