鉄鉱石価格、活況から不況へ転じる-50ドルも視野に

  • 価格は引き続き下落する可能性高い:邁科期貨のレン氏
  • 鉄鋼各社は当用買いの戦略取る可能性:レン氏

鉄鉱石価格はわずか数週間の間に活況から不況へと転じた。供給が拡大していることに加え、中国の鉄鋼会社がより慎重なアプローチを取り4月の投機主導の上昇が反転して投機家は今月に入って損失を出しており、指標価格は辛うじて1トン当たり50ドルを上回っている状況だ。

  邁科期貨のアナリスト、レン・ジャオジャオ氏は24日、西安から電話インタビューに応じ「海上輸送による供給が増加する一方、中国の鉄鋼会社による購入が減少すると予想されるため、鉄鉱石価格が1トン当たり50ドルを割り込むことに疑いの余地はほとんどない」と指摘。先週1億トンを超えた中国の港湾の鉄鉱石在庫はさらに増える可能性があるとの見方を示した。

  レン氏は「4月の価格上昇は、マージンが例外的に高い水準となっていたため鉄鋼各社が増産に向けて鉄鉱石を購入したことなどが要因だった」と説明。しかし、マージンは「急速に縮小しており、各社はまず原材料在庫を削減することによって新たな状況に適応しつつある。港湾在庫が増えると予想しているので当用買いの戦略を取るだろう」と述べた。

  メタル・ブレティンによると、鉄分62%の鉄鉱石の価格は23日、前週末比6.7%安の1ドライトン=51.22ドルと、3月3日以来の安値を付けた。

原題:Iron Ore’s Pivot From Boom to Gloom Puts $50 Level Back in View(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE