中国株:3日ぶり反落、商品銘柄安い-素材価格の下落観測広がる

更新日時
  • 鉄・金属への投機はゲームオーバーとなった-瑞東金融の王氏
  • 香港市場ではH株がほぼ変わらず-ハンセン指数は0.1%高

24日の中国株式相場は3営業日ぶりに反落。商品関連銘柄を中心に売られた。景気回復の勢い失速で需要が抑制される中で、素材価格が引き続き下落するとの観測が広がった。

  上海総合指数は前日比0.8%安の2821.67で終了。CSI300指数も同0.8%安で引けた。産銅会社の江西銅業(600362 CH)や鉄鋼メーカーの鞍鋼軋鋼(000898 CH)が下げたほか、石炭会社のエン州煤業(600188 CH)が3.1%安と、2週間ぶりの大幅な値下がりとなった。

  素材市場では中国の一時的な需要回復の兆しが投機の大幅増加を招き、今年に入り荒れた値動きとなっている。投機熱は当局や取引所の抑制策につながり、鉄鉱石や鉄鋼などの価格は再び低迷している。

  瑞東金融市場の中国担当チーフエコノミスト王致翔氏(香港在勤)は、「鉄・金属への投機はゲームオーバーとなった」と分析。「公式の立場は明らかに投機に反対であり、国営メディアや当局は価格安定を目指す方針を示している。鉄・金属の価格は上昇が始まった2月、3月時点の水準に戻っている」と述べた。

  香港市場では中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前日比ほぼ変わらずで終了。ハンセン指数は0.1%高で引けた。

原題:Chinese Stocks Fall for First Time in Three Days on Commodities(抜粋)