ベネズエラで砂糖不足が深刻化-米コカ・コーラは現地生産停止へ

  • 米クラフトやクロロックスもベネズエラで事業停止
  • 同国の経済危機が原材料不足を引き起こしている

コカ・コーラは、ベネズエラで砂糖入り飲料の生産を停止する。同社のコカ・コーラ飲料は、財政難に苦しむベネズエラで新たに原材料不足の打撃を受ける商品となった。

  通貨統制や物資不足、世界最高のインフレ率に見舞われているベネズエラでは、コカ・コーラのような定番商品が品薄になりつつある。米クラフト・ハインツやクロロックスもベネズエラで事業停止を余儀なくされた。同国の国民は今や消臭剤やトイレットペーパー、医薬品などの家庭用品を買うために長蛇の列に並ぶことが日常になっている。

  コカ・コーラの広報担当ケリー・トレスラー氏は電子メールで「ベネズエラの砂糖の供給業者が、一時的に事業を停止すると当社に伝えてきた」と説明。同社は事態の解決に向け供給業者や政府当局者らと協議を進めている。

  コカ・コーラは、ミネラルウォーターや「コカ・コーラ・ライト」など砂糖を使わない飲料の生産には影響がないと指摘。ベネズエラで同社商品の販売を手掛けるコカ・コーラ・フェムサはコメントを控えた。

原題:Sugar So Scarce in Venezuela That Coca-Cola Will Stop Production(抜粋)