ゴールドマンとHSBC、ブラジル為替業者リストから除外か-関係者

  • ブラジル中銀は両行を公認為替ディーラーのリストから外す見込み
  • 両行の同リストでのランキングは最下位だった

ブラジル中央銀行は月内にゴールドマン・サックス・グループHSBCホールディングスを公認為替ディーラーのリストから除外する見通しだ。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  決定が公表されていないことを理由に匿名で語った関係者の1人によると、両行は14の金融機関で構成されるリストで最下位にある。ディーラーは、中銀の為替取引デスクへの対応や通貨スワップ・入札への参加、取引高のほか、出し手レートが中銀公表のPTAXレートにどれだけ近いかなどに基づいて年間を通してランク付けされている。

  中銀は通貨レアルの基準レートであるPTAXレートを毎日14行から情報を得た上で設定する。このレートは通貨デリバティブ(金融派生商品)の清算で指標として利用される。

  中銀は取材を求める電子メールに対し、リスト更新についてコメントを控える一方、ディーラーに関する規則は公表されていると説明した。ブラジルにあるHSBCとゴールドマンのオフィスは電子メールによる返信でコメントは控えるとした。

  HSBCは昨年、現地のリテール部門をブラジルのブラデスコ銀行に売却することで合意した。この取引は同国の独禁当局からまだ承認されていない。

  中銀の規則によると、当局は公認為替ディーラーのリストについて毎年最大2行を入れ替えることができる。残りの銀行が新たに加わる銀行を選出する責任を負い、今月末までに決める必要がある。

原題:Goldman, HSBC Said to Be Cut From Brazil Currency Dealer List(抜粋)