JPモルガンがプライベートバンク100人削減、年次見直しで-関係者

米銀最大手のJPモルガン・チェースが、プライベートバンク部門で約100人を削減する。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

  人事情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、今回の動きは標準的なパフォーマンスを達成できない行員の年1回の合理化に伴うもので、全米のファイナンシャルアドバイザーとサポートスタッフが対象に含まれる。

  銀行各行は金融危機以降に数千人を削減してきたが、ウェルスマネジメント(富裕層向け資産運用)は顧客の資産と共にビジネスも成長し、最悪の状況を全般に免れてきた。メアリー・キャラハン・アードーズ氏が統括するJPモルガンの資産運用部門は1-3月(第1四半期)の利益が前年同期比17%増の5億8700万ドル(約641億円)となった。

  JPモルガンの人員削減については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に伝えていた。

原題:JPMorgan Said to Cut Almost 100 Employees in Its Private Bank(抜粋)