石油の新規発見量、1952年以来の低水準-原油下落受け探査予算が縮小

  • 昨年発見された石油埋蔵量は約121億バレル
  • 昨年の探査向け投資、2年前と比較して45%落ち込む

石油の新規発見量が約60年ぶりの低水準に落ち込んた。ここ数十年で最大の原油価格下落を乗り切るため、石油探査会社は設備投資を計数十億ドル削減している。

  業界コンサルタント会社ライスタッド・エナジーが電子メールで送付した資料によると、昨年発見された石油埋蔵量は約121億バレルと、5年連続で減少し、1952年以来の低水準となった。

  石油探査会社は通常、原油価格下落の打撃を最初に受ける。英BPや英・オランダ系ロイヤル・ダッチ・シェルなどの企業は既存油田の操業と株主への配当支払いの継続に引き続き重点を置き、予算と人員を削減している。新規に発見された油田が生産を開始するには場所や価格、需要に応じて5-10年かかるため、新規発見量の減少は長期的な供給に影響を及ぼす可能性がある。

  モルガン・スタンレーのアナリスト、マルタイン・ラッツ氏(ロンドン在勤)は20日のリポートで「短期的には石油は不足していない。最近の探査の落ち込みによる影響は長期的なものになるだろう」と指摘した。リポートによれば、昨年の探査向け投資は推計約950億ドル(約10兆4000億円)と、2013年と比較して45%減少した。

  ライスタッド・エナジーは、石油発見のペースは18年にかけて横ばいとなる可能性が高いとの見方を示している。

原題:Oil Discoveries Drop to Lowest Since 1952 as Budgets Slashed (1)(抜粋)