LME亜鉛:2週間ぶり安値、中国の輸入減少響く-銅や鉛も下落

23日のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛相場は約2週間ぶりの安値に下落。最大消費国である中国の輸入減少で需要懸念が再燃した。

  中国税関総署が23日発表した4月の亜鉛輸入は前月比49%減、前年同月比では24%減となった。華夏新供給経済学研究院のウェブサイトに掲載された21日の発表資料によると、5月の民新製造業購買担当者指数(PMI)は前月から1.1ポイント低下した。

  LMEの亜鉛相場(3カ月物)は前週末比1.3%安の1トン=1841ドルで終了。一時は1826.50ドルと、10日以来の安値を付けた。LMEでは銅と鉛、ニッケル、スズも下落したが、アルミニウムは上昇した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物7月限は1ポンド=2.055ドル。 

原題:Zinc Declines to Two-Week Low in London as China Imports Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE