NY外為:ドル指数2カ月ぶり高水準付近-対円109円台前半に下落

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場で、ドル指数は米利上げ観測の強まりを背景に、ほぼ2カ月ぶり高水準近くで推移した。

  前週までのドル指数は週間で1月以来で最長の連続高となったが、この日は上げ一服となった。サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は年内に2-3回の利上げがあるとの見通しを示した。ドルはカナダ・ドルに対して上昇した。JPモルガン・チェースは対カナダ・ドルでのドル上昇見通しを強めた。

  4月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が示唆したメッセージを当局者発言が裏付け、6月利上げの可能性が高まったことから通貨市場では米金利の先行きが見直されている。

  バンク・オブ・アメリカ(BOA)の為替ストラテジスト、イアン・ゴードン氏は「すでに見通しはかなり大きくシフトし、ドルはそれに反応した。経済指標が大幅に回復しない限り、ドルは恐らくレンジ取引になりそうだ」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比ほぼ変わらず。前週までの3週間に3.2%上昇し、日中取引ベースでは3月28日以来の高水準に達した。ドルはカナダ・ドルに対して0.2%上昇の1米ドル=1.3143カナダ・ドル。

  ドルは対円で0.8%下げて1ドル=109円24銭。ユーロは対ドルでほぼ変わらずの1ユーロ=1.1220ドル。

  19日にはリッチモンド連銀のラッカー総裁が「6月に利上げする根拠は非常に強いと考えられる」と発言していた。

  ヘッジファンドなど大口投機筋のドル売越幅は前週に1万653枚となった。これは買い越し、売り越しともに持ち高としては2014年6月以降で最小。

  JPモルガンの為替・商品・金利調査責任者ジョン・ノーマンド氏らストラテジストは20日付のリポートで、「米金融政策の見直しが外為市場で再び注目されるようになり、ドル回復に勢いが付いた。6月か7月に追加利上げが始まるとの見方に変わるということは、ドルには貿易加重平均で少なくとも2.5%の上値余地があることを意味する」と指摘した。

原題:Dollar Holds Gains Near Two-Month High on Outlook for U.S. Rates (抜粋)

(第7段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE