米ハーバード大、資産運用部門のブライスCEOが医療休暇入り

米ハーバード大学で寄付基金(運用資産376億ドル=約4兆1000億円)を運用するハーバード・マネジメント(HMC)のスティーブン・ブライス最高経営責任者(CEO)が、23日付で医療休暇に入る。ハーバード大が23日発表した。

  これによると、HMCのロバート・エトル最高執行責任者(COO)が暫定CEOを務める。ブライス氏の休暇について、大学側は病名など具体的な理由は説明していない。

原題:Harvard Endowment Chief Blyth Takes Temporary Medical Leave (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE