「Brexit」、世銀が考える最大リスクの一つ-キム総裁

  • 新興国は既にぜい弱な状況、商品相場の下落を受け
  • 世銀スタッフが影響を綿密に調査したと総裁-BBC

英国の欧州連合(EU)離脱(「Brexit」)となった場合に生じる世界的な不透明感は、商品相場の下落で既に揺らいでいる新興国経済を脅かすと、世界銀行のキム総裁が指摘した。

  キム総裁は23日、英BBCラジオ4の番組で「新興国には極めて大きな問題があり、Brexitとなればそうした問題が一段と悪化することが非常に懸念される」と発言。「Brexitはわれわれが直面する最大のリスクの一つであることに間違いはない」と述べた。

  世銀としては「主に低・中所得国に焦点を絞っている」とした上で、「しかし、英経済の安定は世界経済の安定にとって重要であるとのポイントは強調したい」とキム総裁は話した。

  キム氏は、世銀スタッフが「起こり得る影響を綿密に調査した。現時点において世界資本市場の不透明感が世界経済にとって非常にネガティブであることは疑う余地がない」と続けた。

原題:Brexit Is One of the Biggest Risks Seen by World Bank, Kim Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE