ウニクレディトCEOが24日にも退任か-関係者

イタリアの銀行ウニクレディトのフェデリコ・ギッツォーニ最高経営責任者(CEO)が24日にも退任する可能性がある。事情に詳しい複数関係者が明らかにした。投資家は同行に対して経営陣刷新を求めている。

  話し合いが非公開だとして匿名を条件に述べた関係者の1人は、ウニクレディトの取締役会が24日に会合を開き、指名委員会による次期CEO探しを承認する可能性があると話した。

  ギッツォーニCEOは23日、マドリードで行われたオフィス開設に伴う記者会見に出席。進退の可能性について質問され、24日の取締役会に出席する予定だが、まだ確認が取れていないと話し、「23日は通常取り業務を行う」と続けた。

  ウニクレディトは数千人規模の人員削減と資産売却を進めているが、依然として欧州で最も資本の脆弱(ぜいじゃく)な銀行の一つと言われ、同CEOは投資家からの支持を失っている。

原題:UniCredit CEO Said Set to Resign as Soon as Tomorrow (1)(抜粋)