安倍首相:舛添氏はしっかりした説明責任必要-「公私混同」疑惑で

安倍晋三首相は23日の参院決算委員会で、政治資金の私的流用疑惑が持たれている舛添要一東京都知事はしっかりした説明責任が求められている、との認識を示した。

  松田公太氏(元気)が、舛添氏の政治資金の「公私混同」ついて質問したのに対し、首相は「公私混同という厳しい指摘がなされている以上、政治家はまさに信なくば立たずだから、しっかりと説明責任果たすこと求められている」と述べた。

  舛添氏の政治資金問題は、私的流用の疑いを週刊文春が報道したのをきっかけに表面化。舛添氏は20日の記者会見で、第三者の専門家に調査してもらうと述べ、辞職は否定した。