中国株:続伸、上海総合指数のボラティリティ低下-アップル関連高い

更新日時
  • テクノロジー銘柄や通信株、生活必需品株が上げを主導
  • 香港市場ではH株が0.1%高、ハンセン指数が0.2%安

23日の中国株式相場は続伸。上海総合指数のボラティリティ(変動性)は約1年3カ月ぶりの水準に低下した。中国の工業経済の減速に左右されにくい銘柄が買われた。

  上海総合指数は前週末比0.6%高の2843.65で終了。テクノロジー銘柄や通信株、生活必需品株が上げを主導した。CSI300指数は0.3%高で引けた。

  上海総合指数のボラティリティは2015年3月以来の低水準となった。本土と香港市場の売買は30日平均を少なくとも27%下回る水準にとどまっている。米アップルの供給業者である歌爾声学(002241 CH)や大族激光科技産業集団(002008 CH)が高い。アップルがサプライヤーに新型スマートフォンの生産に備えるよう要請したとの報道が好感された。

  金曠投資の張海東チーフストラテジスト(上海在勤)は「相場は依然として長期的な下降トレンドにあり、反発は短く持続不能の傾向にある」と指摘した。 

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が0.1%高で終了。ハンセン指数は0.2%安で引けた。 

原題:Chinese Stocks Rise for Second Day as Volatility, Trading Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE