米セコイア・ファンド:バリアント株保有を大幅縮小、資産配分を制限

米投資信託セコイア・ファンドは顧客に対し、カナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルの株式の保有を3月末以降に大幅に減らしたことを明らかにした。

  同投信を運用するルアン・カニフ・アンド・ゴールドファーブの最高経営責任者(CEO)、デービッド・ポッペ氏が20日にニューヨークで開かれた投資家向け説明会で発表したと、ルアン・カニフの社外広報担当アン・グランフィールド氏が語った。ポッペ氏は具体的な保有縮小の規模については明らかにせず、今後はセコイア・ファンドでどの証券への資産配分比率も20%以下に制限すると説明した。セコイア・ファンドの資産は51億ドル(約5600億円)。

  ピーク時にはバリアント株への資産配分比率は30%を超えていた。資産配分比率を20%以下に制限する変更は18日の当局への届け出で明らかにされている。届け出によると、セコイア・ファンドは3月時点で、バリアント株1110万株保有していた。

原題:Sequoia Sharply Cuts Valeant Stake, Limits Position Sizes (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE