米ボーイング:ベトジェットから737を100機受注-約1.2兆円

更新日時
  • オバマ大統領の立ち会いの下で正式調印へ
  • ベトジェットは唯一の民間航空会社でIPOを計画している

米航空機メーカー、ボーイングはベトナムの格安航空会社ベトジェット航空からジェット旅客機100機を受注した。受注額は表示価格ベースで113億ドル(約1兆2400億円)。同国唯一の民間航空会社であるベトジェットは利用客急増に伴い、保有機数を拡大する。

  ベトジェットが購入するのは「737MAX200」。ベトナム訪問中のオバマ米大統領の立ち会いの下、同社はこの日、ハノイで契約に調印する。ベトジェットの発表資料によれば、旅客機の引き渡しは2019年から4年間かけて行われ、23年末には保有機は200機に達する見通し。

  ベトジェットによると、11年創業の同社は過去3年に年20%のペースで拡大した市場での事業拡大を目指している。現在は50の国内・国際線のルートで1日250便余りを運航している。同社国際線が就航している国・地域はタイ、シンガポール、韓国、台湾、ミャンマー、マレーシアなど。

  独立系シンクタンク、アジア太平洋航空研究所(CAPA)のチーフアナリスト、ブレンダン・ソビー氏は「ベトジェットは極めて野心的なようだ」と指摘。「同社は強いブランド力と高い市場シェアによって極めて短期間で国内で確固たる地位を固めた」と説明した。

  CAPAによると、ベトジェットは今年、国有航空会社ベトナム航空を抜いて国内最大の航空会社となる見込み。国際航空運送協会(IATA)によれば、ベトナムは今後20年間で航空市場拡大のペースで上位10カ国・地域に入る見通し。

  ベトジェットは今年の売上高が昨年の10兆9000億ドン(約535億円)から倍増すると見込んでいる。また昨年の旅客数実績が930万人だったことから、旅客輸送能力を1500万人に拡大する見通し。

  ベトジェットのグエン・ティ・フォン・タオ最高経営責任者(CEO)は4-6月(第2四半期)中にも新規株式公開(IPO)を行う可能性があると、今年3月のインタビューで語っている。

原題:Boeing Wins $11.3 Billion Order for 100 Planes From VietJet (2)(抜粋)

(3段落目以降にアナリストのコメントなどを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE