台湾新総統:中国との平和的関係探る-「一つの中国」圧力が増す中

  • 蔡氏は92年に中台双方のやり取りがあった事実を認めるにとどめる
  • 中国は蔡氏に「一つの中国」の原則を公に認めるよう圧力強めていた

台湾の民主進歩党を率いる蔡英文主席が20日、新総統に就任した。中国から「一つの中国」を認めるよう求める圧力が強まる中、蔡氏は中国との平和的な関係構築を探る考えを表明した。

  台湾初の女性総統となった蔡氏は就任演説で、中国との共通点を模索すると述べた上で、中国との平和を保つ方針を示した。

  同氏は中台が1992年に「意思疎通と交渉を通じてさまざまな共同の認知と理解にたどり着いた。これは相互理解の精神と相違を残しながらも共通の場を探る政治的な態度の中でなされた。私はこの歴史的な事実を尊重する」と語った。

  中国側は蔡氏に対し「一つの中国」の原則を公に認めるよう圧力を強めてきた。同氏は92年に中台双方の協議があった事実を認めるにとどめ、これを中国との将来的な関係の基礎とすべきとの認識を示した。

原題:Taiwan’s New President Resists China ’One-Country’ Pressure (1)(抜粋)