上海ディズニー、周辺エリアを約100万人が訪れる-来月の開業前に

  • 最寄り地下鉄駅開業以来、23日間で96万人が近くの区域に来訪
  • チケット料金はディズニーのテーマパークでは世界最低水準に設定

開業を来月に控えた中国の上海ディズニーリゾートに隣接するショッピングエリア「ディズニータウン」や人工湖など園外の区域をこの23日間でおよそ100万人が訪れている。

  上海ディズニーリゾートがある上海国際観光リゾート地区の管理委員会副主任、劉正義氏は19日の会見で、4月26日に最寄りの地下鉄駅が開業して以来、96万人が周辺のチケット不要エリアに来訪したと述べた。

  総工費55億ドル(約6040億円)の上海ディズニーリゾートは6月16日に正式に開業予定。世界最大のエンターテインメント企業、米ウォルト・ディズニーのテーマパークとしては世界で6番目、中国本土では初となる。ディズニーは3時間以内に来園できる範囲に居住する3億3000万人に期待している。

  上海ディズニーリゾートの広報担当者、マーレー・キング氏によると、中国の中所得層に合わせて370元(6200円)に設定したチケット価格は世界のディズニーのテーマパーク中で最も安い。週末や7・8月などのピーク時のチケットは499元。

原題:One Million Chinese Visit Shanghai Disneyland Before Its Opening(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE