エジプト航空機の墜落、テロの疑いと当局者ら

19日未明に消息を絶ち地中海に墜落したとみられるパリ発カイロ行きのエジプト航空機について、同国当局者はテロの可能性が高いとの見方を示した。各国からもテロの可能性を指摘する声が相次いだ。

  エジプトのファトヒ民間航空相はテレビ放映された記者会見で、「テロの可能性の方が技術的な故障の可能性よりも高い」と述べた。フランスのオランド大統領はいかなる仮説も除外しないと述べ、仏検察当局は捜査を開始した。

  米ホワイトハウスのアーネスト報道官は19日記者団に「中東を含め世界の過激派が航空運航を標的に攻撃を仕掛けようとするところが見られた」と述べた。墜落の原因を特定するのも除外するのも時期尚早だと付け加えた。

  ロシア通信(RIA)はロシア連邦保安局(FSB)のボルトニコフ長官を引用し、墜落の原因はテロとの同国の見方を伝えた。 

原題:Egyptian Minister Says Terrorism Possible in EgyptAir Crash (1)(抜粋)