バークレイズ、コーポレートバンク責任者のウィンター氏が月末で退社

英銀バークレイズのコーポレートバンキング部門責任者のジョン・ウィンター氏が今月末で退社する。ジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)の事業再編の中で勤続15年のベテランが同行を去る。

  欧州・中東・アフリカ(EMEA)の投資銀行部門の責任者や2010年から就いているコーポレートバンクCEO職を歴任したウィンター氏(52)は今月31日まで勤務し退社する。バークレイズが同氏の退社について確認した。

  コーポレートバンク会長のケビン・ウォール氏が同部門の執行委員会を暫定的に率いる。

  ステーリーCEOは3月に、消費者向け銀行と投資銀行の分離を求める英規則を順守するため組織を改編。バークレイズは投資銀行やウェルスマネジメント、米国とドイツのクレジットカード事業を含むバークレイズ・コーポレート・インターナショナルと、英国内のリテール銀行とクレジットカード事業を含むバークレイズUKに分けられた。

原題:Barclays Corporate Bank Head John Winter to Leave This Month (1)(抜粋)