オムニ・パートナーズ、マクロヘッジファンドを閉鎖-CIO退社で

ロンドンを本拠とするオムニ・パートナーズは19日、マクロヘッジファンドを閉鎖すると発表した。スティーブン・ローゼン最高投資責任者(CIO)の退社に伴う措置。

  同社のピーター・コーツ最高経営責任者(CEO)は電子メールで配布した資料で、「オムニ・マクロ・ファンドを閉鎖し、資本を投資家に返還することを決めた」と説明した。

  オムニ・パートナーズは、野村ホールディングスでグローバル株式自己勘定取引の共同責任者だったスティーブ・クラーク氏が2004年に始めた。
 
  広報担当者によれば、オムニ・マクロの運用額は2億3700万ドル(約260億円)。発表資料は、9年間の運用でリターンは年率プラス11.3%だったとしている。

原題:Omni Partners Shuts Macro Hedge Fund After CIO Rosen Departs (1)(抜粋)