香港H株:約2カ月ぶり安値、米利上げ観測で資本流出懸念広がる

更新日時
  • 不動産と航空株が下げの中心、ドル建て債務のコスト増懸念で
  • 上海総合指数は日中の上げを消し、ほぼ変わらずで終了

19日の香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が約2カ月ぶりの安値で引けた。米利上げが行われれば、資金流出に拍車が掛かり、航空会社や不動産開発企業の利益見通しも損なわれるとの懸念が広がった。

  H株指数は続落し、前日比0.7%安の8243.20で終了。万科企業(2202 HK)や中国国際航空(753 HK)などが下げの中心になった。人民元の下落で、ドル建て債務の返済コストが増えるとの観測が広がった。ハンセン指数も0.7%安。

  本土市場では上海総合指数が日中の上げを消し、ほぼ変わらずで引けた。終値は2806.91と、前日からの下落率は0.1%未満。CSI300指数は0.2%安。

  珩生鴻鼎資産管理の戴明ファンドマネジャー(上海在勤)は「米利上げが行われれば、資本流出圧力が強まる可能性がある。これが株式市場の地合いを圧迫している」と分析した。

原題:Chinese Stocks Drop in Hong Kong as Fed Spurs Outflow Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE