ブルーダイヤ、オークションでの最高値64億円で落札-ジュネーブ

Oppenheimer Blue.

Photographer: Fabrice Coffrini/AFP via Getty Images

クリスティーズがジュネーブで開いたオークションで、ブルーダイヤモンドが5800万ドル(約64億円)で落札され、ブルーダイヤとしてはオークションでの過去最高値を記録した。

  この14.62カラットのブルーダイヤは、オークションに出品されたファンシービビッド・ブルーダイヤとしては過去最大で、最高4600万ドルの値が付くと予想されていた。以前の所有者であるサー・フィリップ・オッペンハイマーにちなんで「オッペンハイマー・ブルー」と名付けられている。オッペンハイマー一族は、2012年に英アングロ・アメリカンに株式を売却するまで80年にわたってダイヤ生産大手デビアスを支配していた。

  ブルーダイヤは世界で最も希少とされている。これまでの最高値は、サザビーズが昨年開いたオークションで香港の資産家、劉鑾雄(ジョゼフ・ラウ)氏が落札した「ブルームーン」と呼ばれる12.03カラットのファンシーブルーダイヤで、ほぼ5000万ドルだった。

  宝石のオークション市場は最近、美術品よりも堅調となっている。クリスティーズやサザビーズ、フィリップスが先週ニューヨークで開いた印象派や近代、戦後、現代の美術品の複数のオークションの売上高は昨年を50%下回った。

原題:Blue Diamond Sells for $58 Million, Highest Gem Auction Price(抜粋)