WTI原油の7月限と6月限の価格差、山火事の影響で縮小-チャート

  カナダ・アルバータ州での山火事の勢いが再び強まり、同国から米中西部への原油輸出が減少する恐れがある中、ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物の7月限と6月限の価格差がここ7カ月で最小となった。カナダの非営利調査機関コンファレンス・ボード・オブ・カナダの推計によると、山火事の影響で原油生産は日量約120万バレル減少している。

原題:WTI Contango Narrowest Since October on Alberta Fires: Chart(抜粋)