NY外為:ドル上昇、FOMC議事録で6月利上げの可能性を指摘

更新日時

18日のニューヨーク外国為替市場でドルが上昇。7週ぶりの高値をつけた。この日公表された連邦公開市場委員会(FOMC、4月26-27日開催)議事録に「大半の政策当局者が6月利上げの可能性を指摘した」との記述があったことを受けて、早ければ次回会合で政策金利が引き上げられるとの見方が広がった。

  議事録の公表後にドルは主要通貨の大半に対して上げ幅を拡大した。一方、米利上げ見通しを背景に新興市場国の通貨は売られた。特に南アフリカ・ランドやブラジル・レアル、ロシア・ルーブルが値下がりした。

  CIBCの外為戦略担当エグゼクティブディレクター、バイパン・ライ氏は「議事録からは6月の利上げ、あるいは6月に7月利上げを示唆する可能性が市場の予測より高いことが示された」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.8%上昇し、終値ベースで3月28日以来の高水準。ドルは対ユーロで0.9%上昇して1ユーロ=1.1216ドル、対円では1%上昇して1ドル=110円19 銭。

  USフォレックスの法人ディーラー、レノン・スウィーティング氏(トロント在勤)は「市場ではドルへの信頼感があらためて高まるだろう」と述べ、「当局者からいくつか好ましい発言もあった。市場が具体的で明確なメッセージを望んでいることを当局は認識している」と続けた。

  商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファンドは主要8通貨に対するドルの下落見通しを後退させた。ドルはユーロに対して過去2年間で20%以上値上がりした。ストラテジストらはドルが年末まで現在の1ユーロ=1.12ドル付近を維持するとみている。

  ブルームバーグがまとめたフェデラルファンド(FF)金利先物動向を基にしたデータによれば、6月14ー15日のFOMC会合で利上げが決定する確率は32%と織り込まれている。前日の2倍を超えた。さらに9月までの利上げ確率は62%と、前日の47%から上昇した。

原題:Dollar Surges After Fed Minutes Show June Rate Increase Possible(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE