ルービニ氏:米利上げは年内1回のみ、米大統領選が世界経済のリスク

ルービニ・グローバル・エコノミクスのヌリエル・ルービニ会長は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の年内利上げは1回にとどまるとの見方を示した。年初から金融市場が世界的に急変動に見舞われたことが背景にあるという。

  新興市場をテーマにクレディ・スイス・グループがモスクワで主催した会合で「FOMCによる今年の利上げは1回のみで、4回ではない。2回ですらない」と予想。米金融当局は「米国経済だけでなく世界経済にとっての」中央銀行であり、このため利上げは「より緩やかに進める公算が増している」と語った。

  世界経済のリスクには中国経済の見通しや11月の米大統領選を挙げ、中国が「ハードランディング」した場合の「最初の犠牲者」は途上国と商品産出国だろうと述べた。

原題:Roubini Sees Only One Fed Hike in 2016, Calls U.S. Ballot a Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE