ナイキが英サッカーのチェルシーと契約合意、最大で年95億円-関係者

  • チェルシーはアディダスとの契約を先週解消
  • 2017年7月に契約開始、リーグ2番目の規模

世界最大のスポーツ用品メーカーである米ナイキは、サッカーの英イングランド・プレミアリーグに属するチェルシーとのアパレル契約に合意した。ナイキが2017年から少なくとも10年にわたりユニホームを提供し年間で最大6000万ポンド(約95億円)を支払う内容で、同リーグでは2番目に大きな規模となる。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  チェルシーはナイキとの契約合意にあたり、ドイツのアディダスと結んでいた2億9000万ポンド相当の10年契約を解消する必要があった。契約破棄のためチェルシーは5000万ユーロ強(約61億6200万円)をアディダスに支払った。この契約に基づき、一定の期間が過ぎるまで新たな契約の発表は禁じられている。

  チェルシーのコミュニケーションズ担当ディレクター、スティーブ・アトキンス氏は英紙テレグラフが先に報じたナイキとの契約についてコメントを控えた。ナイキ広報のケジュアン・ウィルキンス氏も発言しなかった。

  ロシアの富豪、ロマン・アブラモビッチ氏がオーナーとなった2003年以来、チェルシーはプレミアリーグで4回優勝したほか、欧州チャンピオンズリーグも制し、特にアジアなど世界中でファンベースが拡大した。15年には横浜ゴムが年間4000万ポンドで期間5年のメーンスポンサー契約を結んだ。

原題:Nike Said to Agree to $87 Million Chelsea Apparel Deal (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE