中国株:上海総合指数、2カ月ぶり安値-資源・テクノロジー銘柄安い

更新日時
  • 中国の成長鈍化をめぐる懸念などが響く
  • 香港のH株指数は3月1日以来の安値で終了

18日の中国株式相場は下落。上海総合指数が約2カ月ぶりの安値となった。国内景気減速の兆しや米利上げの可能性が強まる中で、資源銘柄とテクノロジー株を中心に値下がりした。

  上海総合指数は前日比1.3%安の2807.51と、3月10日以来の安値で終了。取引終盤の30分で下げを縮小し、この2カ月にわたり終値ベースで維持してきた2800を上回る水準で取引を終えた。CSI300指数は0.6%安。深圳市場で取引される小型株指標の創業板(チャイネクスト)指数は2.9%安と、1週間ぶりの大幅な下げ。

  海南鉱業(601969 CH)は5.5%下落。ソフトウエアメーカーの北京中長石基資訊技術(002153 CH)と東軟集団(600718 CH)も下げた。

  金曠投資の張海東チーフストラテジスト(上海在勤)は「市場の弱い地合いは依然として経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)に関連している」と指摘。「レバレッジと過剰生産能力の削減に向けた政府の決意はなお固く、さらなる成長鈍化の可能性がある」と述べた。 

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が1.5%安と、3月1日以来の安値で引けた。ハンセン指数も1.5%安。

原題:China Stocks Fall to Two-Month Low as Material Shares Lead Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE