加バリアント、スキンケア製品やがん治療薬事業の売却検討-関係者

  • マラソンから取得した医薬品も売却対象に含まれる可能性
  • 売却総額は約10億ドルに上るかもしれないと関係者

カナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルは比較的小規模な美容・医薬品資産の一部売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同社は現金調達と債務削減を急いでいる。

  情報が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、同社は2013年に買収したスキンケア製品のオバジ・メディカル・プロダクツのほか、昨年取得した進行性前立腺がん治療用ワクチン「プロベンジ」事業の売却を検討している。

  また関係者1人によると、バリアントはマラソン・ファーマシューティカルズから昨年取得した医薬品を売却する可能性もある。この中には、バリアントが販売権取得後に価格を大幅に引き上げ、厳しい批判を受けた心疾患治療薬の「イスプレル」と「ニトロプレス」も含まれている。同社は16日、両医薬品について医療機関向けの値引きを拡大すると発表した。

  今回の資産売却がこうした分野に関心を持つ医薬品メーカーを引きつけ、調達額は最大10億ドル(約1100億円)に上るかもしれないと関係者2人は話している。手続きは予備的段階で決定が差し迫っている状況ではなく、バリアントが一部ないし全ての資産を売却しない決定を下すこともあり得るという。

  バリアントの広報担当者はコメントを控えている。  

原題:Valeant Said to Weigh Sale of Skin, Cancer Drugs to Reduce Debt(抜粋)