銅と原油価格の連動は終了か、中国の銅需要拡大で-チャート

  銅価格は今年の大半の期間、原油に連動する動きを示していたが、原油が値上がりする中、上昇に追い付いていない。そうした状況は程なく反転する見通しだ。キャピタル・エコノミクスは、銅価格が年末までに19%上昇すると予想している。同社は13日の顧客向け文書で、中国政府のインフラ向け支出に伴って銅需要が拡大する一方、原油価格上昇で米国のシェールオイル生産とサウジアラビアからの原油供給が増え、原油価格の上昇が止まる可能性があるとの見方を示した。  

原題:Copper-Oil Lockstep Seen Ending as China Buys More Metal: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE