米牛乳が6年ぶり安値、こぼしても嘆く理由見当たらない-チャート

  米農務省によれば、米国では乳牛からの搾乳量が非常に多く、今年の同国の牛乳生産は過去最高水準に達する見通しだ。一部地域の処理プラントでは在庫が負担となりつつあり、売り手は「販売先を探すのが困難な状況」に陥っているという。一方、消費者は恩恵を受けている。米政府が17日発表したデータによると、牛乳の小売価格は6年ぶりの安値となっている。牛乳が値下がりしたことによりチーズも割安になっている。

原題:No Reason to Cry Over Spilt Milk When It’s This Cheap: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE