ABNアムロの商品事業責任者が退社へ、ファンド設立を計画-関係者

  • ムルダー氏は取引会社トラフィギュラからABNアムロに入社した
  • 同氏、退社後はベンチャーキャピタルファンド設立へ

オランダの銀行ABNアムロ・グループの商品事業責任者、ヤンマールテン・ムルダー氏が約3年間勤務した同行を退社し、ベンチャーキャピタルファンドを設立する見通しだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  ムルダー氏は2013年、コーポレートファイナンスの世界責任者として勤務していた石油・金属取引会社トラフィギュラ・グループからABNアムロに入社した。関係者が情報は非公開だとして匿名を条件に明らかにしたところによると、同氏は金融サービス技術セクターに投資するため同行を退社する予定。ABNアムロのスポークスマンはムルダー氏の退社予定を確認したが、それ以上はコメントを控えた。

  フランスの銀行など他国の競合企業が撤退する中、ABNアムロは、オランダのINGグループ、ラボバンク・グループ同様、商品取引会社への融資を事業拡充の主要分野の一つと考えている。

  ABNアムロは、商品取引会社や生産会社への融資を含むエネルギー、商品、輸送関連の顧客部門の平均年間収入を15年までの7年間に10-20%増やした。

原題:ABN Head of Commodities Said to Leave Dutch Bank to Start Fund(抜粋)