NY外為:ドルほぼ変わらず、米指標改善と割安感が支える

更新日時

17日のニューヨーク外国為替市場ではドルがほぼ変わらず。バンク・オブ・アメリカ(BofA)とトロント・ドミニオン銀行によれば、過去3カ月間にわたる下落でドルには割安感が生じ、投資妙味が高まっている。

  BofAが今月実施したファンドマネジャーを対象にした調査によれば、ドルが割安とみる投資家は差し引きで12%と、過去10カ月間で最も高かった。主要10カ国(G10)通貨の中では最も買いが推奨されている。景気見通しが改善し、米金融政策当局による追加利上げの観測が強まったことが背景にあると、トロント・ドミニオン銀行が指摘した。

  トロント・ドミニオン銀行の北米為替戦略責任者、マーク・マコーミック氏はリポートで「他国に比べて明るい経済成長見通しや経常赤字の改善などが、ドルを買い推奨トップ通貨へと押し上げた」と指摘。「ドルに対する悲観は最近、ピークをつけた」と続けた。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は4月までの3カ月間で下げていたが、ここ2週間の上昇で年初来の下げは3.7%まで縮小した。

  コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)のチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は「投資家はドルに対するネガティブな見方を見直し始めている」と述べ、「ドルにはいくらか上昇余地が出てきた」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在のドルは対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=1.1313ドル、対円では109円14銭となっている。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。

  商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファンドは主要8通貨に対するドルの下落見通しを後退させた。下落を見込んだショートポジションから上昇を予測するロングを差し引いたネットショートは10日までの1週間で3万7321枚と、半減した。

原題:Dollar Tempts Buyers as U.S. Economic Data Improve After Losses(抜粋)

(相場を更新し、第4-5段落を加え、第7段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE