アイカーン・エンタープライゼズをジャンク級に格下げ-S&P

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは、アクティビスト(物言う株主)として知られる資産家カール・アイカーン氏の持ち株会社、アイカーン・エンタープライゼズの格付けを投資不適格(ジャンク)級に引き下げた。

  S&Pはアイカーン・エンタープライゼズの格付けを「BB+」とし、従来の「BBBー」から引き下げた。BB+はジャンク級の中では最も高い水準。アウトルックは「安定的」とした。

  格付け変更の主な理由についてS&Pは、アイカーン・エンタープライゼズのローン資産価値比率(LTV)が高い水準にあることを挙げた。LTVは向こう1年間、45ー60%の水準にとどまるとS&Pはみている。

原題:Icahn Enterprises Cut to Junk Status by S&P, Outlook Stable(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE