ゴールドマンのソロモン氏:投資銀行の業務は4-6月に改善

投資銀行は不安定な市場環境や株式発行案件の乏しさで第1四半期(1-3月)に収入が落ち込んだ後、第2四半期(4-6月)にはわずかに改善したと、ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・ソロモン氏が指摘した。

  ゴールドマンの投資銀行部門共同責任者を務めるソロモン氏は17日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「事業が少し活発になっていることに疑いの余地はない」と発言。「しかしまだ断定はできない。われわれのビジネスは循環的だ」と述べた。

原題:Goldman Sachs’s Solomon Sees Improvement in Investment Banking(抜粋)