米住宅着工件数:4月は6.6%増の117万戸、増減繰り返すパターン継続

4月の米住宅着工件数は前月比で増加した。住宅着工件数は増加と減少を繰り返しており、住宅建設業界は米国経済の成長にほとんど寄与していないことが示唆された。

  米商務省が17日発表した4月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は、前月比6.6%増の117万戸と、前月の110万戸から増加した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は113万戸への増加だった。

  PNCファイナンシャル・サービシズ・グループのエコノミスト、 ガス・ファウチャー氏は「かなり変動が激しい統計だ」と前置きした上で、「全般的なトレンドは上向きだ」と評価。低い住宅ローン金利や安定した雇用増、賃金上昇、これまで需要が抑制されていた反動などを考慮すると「このトレンドが年内は続くだろう」と続けた。

  着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数は3.6%増の112万件。エコノミスト調査では114万件への増加が見込まれていた。前月は108万件。  

  一戸建ての着工件数は前月比3.3%増の77万8000戸。集合住宅は13.9%増の39万4000戸と、年初来の高水準だった。

  地域別では全米4地域のうち2地域で増加。最も増加したのは中西部で22.2%増だった。南部でも増加。一方、北東部と西部では減少した。

  統計の詳細は表をご覧下さい。

原題:Housing Starts in U.S. Increase, Extending See-Saw Pattern (1)(抜粋)