メリルリンチ日本証:元シティグループの神保氏を副会長に起用

更新日時

バンク・オブ・アメリカ(BofA)が、傘下のメリルリンチ日本証券の副会長にシティグループの投資銀行本部長だった神保裕一氏を起用したことが分かった。

  ブルームバーグが入手した社内メモによれば、神保氏はBofA投資銀行部門の日本の会長も務める。メリルリンチへの入社は7月1日付。野田司広報担当はメモの内容について確認した。

  BofAはアジア太平洋のコーポレートバンキングと投資銀行業務の統括責任者を現在務めている瀬口二郎氏を6月1日付で在日代表に起用するなど、同業務の強化に向け再編に着手している。瀬口氏は今回の人事に伴い、香港から東京に拠点を移す。

  社内メモによれば、投資銀行部門長の若月雄一郎氏が同部門副会長に就任、最重要顧客とのリレーションシップを深めるという。若月氏に代わり原田秀一、笹田珠生の両氏が共同部門長に就任した。原田氏はテレコムやメディアなどの業界を引き続き担当、笹田氏はアジア地域の投資銀行部門の金融法人グループ責任者を兼務する。

  神保氏は2011年から15年までシティグループに在籍した。それまではJPモルガン・チェースの日本の投資銀行部門の責任者を務めていた。一橋大卒、米マサチューセッツ工科大学(MIT)の大学院を修了している。

英語記事: BofA’s Merrill Japan Hires Ex-Citigroup’s Jimbo as Vice Chairman

(第5段落に経歴を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE