香港H株:1カ月ぶり大幅上昇、資源株高い-上海総合指数は下落

更新日時

17日の香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が1カ月ぶりの大幅高。資源株が買われた。原油相場が値上がりしたほか、中国の習近平国家主席が国有企業の過剰生産能力を削減する計画を推し進めると表明した。

  H株指数は前日比1.4%高の8425.78で終了。この2日間で1.5%上昇した。中海油田服務(2883 HK)とペトロチャイナ(中国石油、857 HK)が上げの中心。ハンセン指数は1.2%高で引けた。

  本土市場では上海総合指数が前日終値を挟んだ展開となり、前日比0.3%安の2843.68で取引を終えた。陝西煤業(601225 CH)は2.7%高。深圳市場では雲南銅業(000878 CH)が0.1%上昇した。

  君康人寿保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「原油高と政府の改革に伴う供給減少で地合いが改善する中、資源株に関心が集まった」と指摘。「より広範な市場では短期的に上昇・下落のいずれの要因もなく、レンジ取引にとどまるだろう」と述べた。

原題:Chinese Stocks Climb in Hong Kong as Xi Vows Reforms, Oil Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE