英ICAP、NEXグループに社名変更へ-ブランド売却完了後

グローバルブローカー事業を売却する英ICAPは、社名をNEXグループに変更する。英タレット・プレボンへの同事業売却を終えた後に新たな社名に変わるという。

  ICAPのマイケル・スペンサー最高経営責任者(CEO)は昨年11月、11億ポンド(約1730億円)での「ICAPグローバル・ブローキング・ビジネス」の売却に「ICAP」ブランドを含めることで合意し、新たな社名を必要としていた。同事業売却により、ICAPは肉声で取引を仲介するボイスブローカー事業からの撤退を完了する。同事業は利益率低下に加え、規制強化に見舞われている。

  ICAPが16日発表した資料によれば、同社の3月末までの1年間の売上高は6%減の12億ポンド。税引き前利益は6.3%減の8900万ポンドとなった。

原題:ICAP to Become NEX Group to Start Life After Voice Broking (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE