ETF金保有高が5カ月で25%増加、利上げ見通し後退で-チャート

  金相場は今年に入って20%上昇している。年初の株式市場の混乱で投資家が資金の逃避先を求めたことや、米金融当局による利上げ見通しの後退が背景にある。ブルームバーグが集計したデータによれば、上場投資信託(ETF)を通じての金保有高は1月6日に7年ぶりの低水準に落ち込んだが、その後25%増加し、2013年12月以来の高水準に達している。

原題:Gold Holdings Climb 25% in Five Months on Rate Outlook: Chart(抜粋)