ソロス氏、米株投資額を1-3月に37%減らす-産金会社の株式購入

  • ソロス・ファンドの米株保有額は35億ドルに減少
  • 1-3月にバリック・ゴールドの株式2億6400万ドル相当を取得

資産家で著名投資家のジョージ・ソロス氏の資産の管理・運用を行うソロス・ファンド・マネジメントは、1-3月(第1四半期)に米株への投資額を3分の1余り減らした。同ファンドはその一方で、世界最大の産金会社であるカナダのバリック・ゴールドの株式2億6400万ドル(約288億円)相当を取得した。

  16日の監督当局への届け出によれば、ソロス・ファンドが開示している米株の保有額は、3月末時点で昨年12月末から37%減少し、35億ドルとなった。金連動型の上場投資信託(ETF)「SPDRゴールド・トラスト」の受益証券105万枚のコール・オプション(買う権利)の保有も明らかにした。

  市場への抜け目のない投資で240億ドル相当の資産を築き上げたソロス氏は、借り入れが成長を支える中国経済の現状について、クレジット市場の機能不全が世界的なリセッション(景気後退)を引き起こす前の2007-08年当時の米国経済に似ていると主張し、中国リスクに警告を発している。

  ソロス・ファンドは昨年末時点でネットワークサービスを手掛ける米レベルスリー・コミュニケーションズの株式を1億7300万ドル相当、ダウ・ケミカルの株式を1億6100万ドル保有していたが、3月末までに手放した。また、製薬会社エンドー・インターナショナルデルタ航空の持ち株も処分した。

原題:Billionaire Soros Cuts U.S. Stocks by 37%, Buys Gold Miner (1)(抜