アイカーン氏:米AIG、ゼロックス株の保有増やす-1~3月期

更新日時
  • ホロジックやテグナ、メンターなど6社の株式を手放す
  • 届け出では保有していたアップル株を全て手放したことも確認された

資産家カール・アイカーン氏が運営するアイカーン・アソシエーツは、1-3月(第1四半期)にホロジックやテグナ、メンター・グラフィックスなど6社の株式を手放す一方、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の株式保有を増やした。

  16日の監督当局への届け出によると、同社はゼロックス株の保有も増やし、ガネットの持ち株を全て処分した。

  届け出では保有していたアップル株を全て手放したことも確認された。アイカーン氏は4月28日のCNBCとのインタビューで、中国との関係をめぐる懸念を理由に同社株を売却したことを明らかにしていた。アイカーン氏は2013年8月にアップル株の保有を開示し、同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)に対し、自社株買いや配当による株主への現金還元を増やすよう要求していた。

原題:Icahn Exits Hologic, Tegna, Mentor Stakes, Buys More AIG Shares(抜粋)