NY外為:レアルなど商品輸出国の通貨が上昇、原油相場の急伸で

更新日時

16日のニューヨーク外国為替市場では商品輸出国通貨が上昇。ニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が急伸し、6カ月ぶり高値に達したのが背景にある。

  ブラジル・レアルやノルウェー・クローネ、カナダ・ドルはいずれも対ドルで大きく上昇。ゴールドマン・サックス・グループが世界の原油市場は予想より早く供給不足に転じたと述べたことが手掛かりとなり、商品相場が上昇した。

  原油相場は過去6週間のうち5週間で値上がりした。原油生産の縮小が世界的な供給過剰を緩和する兆候が表れた。さらにトレーダーが米国の利上げ見通しを後退させ、米国以外に利回りを求めたことも産油国通貨を押し上げた。 

  ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツ(トロント)の為替調査・ 戦略担当ディレクター、カール・シャモッタ氏は「需給バランスのタイト化が市場で注目されている」と述べ、それが産油国の通貨を押し上げていると指摘した。

  レアルは対ドルで0.9%上昇。クローネは0.4%高、カナダ・ドルは0.4%上昇した。ブルームバーグ・コモディティ指数は0.8%上昇した。ドルは対円で0.4%高い1ドル=109円03銭となっている。

  ヘッジファンドなど大口投機家が建てるポジションによれは、先週はカナダ・ドルに対して2013年2月以来で最も強気となった。ただ市場予想ではカナダ・ドルは対米ドルで年末までに2%安が見込まれている。

  TDセキュリティーズのシニアグローバルストラテジスト、ジェームズ・ロシター氏は「原油が鍵を握る。WTI原油は2%近く上昇した。これが商品通貨を押し上げる一助となっている」と述べた。

原題:Commodity-Exporter Currencies Advance as Crude Oil Prices Surge(抜粋)

(相場を更新し、第3段落を加え、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE