NY金:小幅続伸、ETF通じた保有量は14日連続で増加

16日のニューヨーク金先物相場は続伸。金連動型上場投資信託(ETF)を通じた金保有量は14営業日連続で増加し、約2年ぶりの高水準となった。ニューヨーク連銀製造業景況指数が予想外のマイナスだったことも逃避先としての買いにつながった。

  RBCウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、ジョージ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「ETFにはあらゆる方面からの資金流入が続いている」と指摘。「こうした不透明な局面をやり過ごすための逃避先が求められている」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前週末比0.1%高の1オンス=1274.20ドルで終了。2営業日続伸は2週間ぶり。

  銀先物7月限は0.1%上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナも0.1%値上がりした。

原題:Gold Advances as Investors Extend Fund-Buying Spree to 14 Days(抜粋)