G7環境相会合:温室効果ガス削減、長期戦略を急ぐことで合意-声明

富山市で開かれた主要7カ国(G7)環境相会合は、世界全体での気候変動対策をリードするために温室効果ガスを削減する長期的戦略を「可能な限り早期に」策定することで合意し、16日に閉幕した。

  同会合は「長期温室効果ガス低排出発展戦略の重要な役割を認識し、同戦略を可能な限り早期に、かつ十分にCOP21で定められた期限内に策定し提出することをコミットする」との共同声明を発表した。COP21は第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議のことで、昨年12月にパリ協定を採択した。

原題:G7 Ministers Agree to Speed Up Long-Term Steps to Cut Pollution(抜粋)