アジア株:1カ月ぶり安値から反発-香港ハンセン指数が高い

16日のアジア株式相場は約1カ月ぶりの安値から反発。円相場が下落、商品価格は上昇した。

  香港のハンセン指数は2カ月ぶりの安値から0.8%上昇。深圳、香港両証券取引所の接続で進展があるとの観測が広がった。中国本土の上海総合指数や豪州株も値上がりした。オーストラリア・ドルは約2カ月ぶりの安値から上げに転じている。

  MSCIアジア太平洋指数はロンドン時間午前8時18分(日本時間午後4時18分)現在、前週末比0.4%高。

原題:Asian Stocks Advance With Commodities; European Shares Retreat(抜粋)