タイ:1-3月期GDP、前年同期比3.2%増-予想上回る

タイの1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)は、予想を上回る伸びとなった。内需や輸出の不振を政府支出がカバーした。

  国家経済社会開発庁(NESDB)が16日発表した1-3月期のGDPは前年同期比3.2%増。ブルームバーグが調査したアナリスト21人の予想中央値は2.8%増だった。GDPは前期比でも0.9%増と、予想中央値(0.6%増)を上回る伸び。

  プラユット首相は昨年以降、内需てこ入れに向けて計4000億バーツ(約1兆2300億円)余りに上る一連の刺激策を打ち出した。また、タイ中央銀行は先週、景気下支えのため、政策金利を8会合連続で据え置いた。

原題:Thailand’s Economy Expands More Than Expected in First Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE