アジア太平洋でLCC8社が連合、乗り継ぎ利便性向上-バニラなど

ANAホールディングスグループのバニラ・エアやシンガポール航空系のスクート、フィリピンのセブパシフィック航空など、格安航空会社(LCC)8社は、世界初のLCC連合を設立したと発表した。

  8社のカバーエリアは日本を含む北東アジア、東南アジア、豪州で、乗り継ぎなどの利便性の大幅な向上を狙う。16日の発表資料によると、バリューアライアンスと呼ぶ連合はアジア太平洋地域に160以上の就航地を有し、計174機の航空機を運航する。

  これまでは利用者が個別の航空会社ごとに飛行ルートや料金を調べて予約する必要があったが、乗り継ぎ旅程ルートや便名、運賃を利用者に一括提供する共通システムの導入により、加盟航空会社間では便などの予約や決済までの手続きを1度に完了でき、利便性が大きく向上する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE