中国・香港株:深圳総合とハンセン指数が上昇-証取接続への期待で

更新日時
  • 深圳総合指数は前週末比1.7%高、香港のハンセン指数は0.8%上昇
  • 張徳江全人代常務委員長が17日から香港を訪問する

16日の中国と香港株式市場では深圳総合指数とハンセン指数が共に上昇。深圳、香港両証券取引所の接続開始時期が今週発表されるとの観測が広がった。

  深圳総合指数は7営業日ぶりに反発し、前週末比1.7%高で引けた。テクノロジー株が上げの中心だった。香港のハンセン指数は0.8%高で終了。前週まで3週連続で下落していた。中国共産党の序列3位である張徳江全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員長は17日から香港を訪問する。

  パートナーズ・キャピタル・インターナショナル(香港)の温天納(ロナルド・ワン)最高経営責任者(CEO)は、張氏の訪問中に深圳証取との接続に関する進展といった「好ましい措置が発表されると投資家は期待している」と分析。「香港株は売られ過ぎの水準から反発しつつある」と指摘した。

  上海総合指数は前週末比0.8%高。香港上場の中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は2分ほどの間に前週末比1%高の水準から同1.5%安まで急落する場面もあったが、結局0.1%高で取引を終えた。

原題:Hong Kong, Shenzhen Stocks Rise as Zhang Visit Spurs Link Hopes(抜粋)
HONG KONG’S HANG SENG INDEX RISES 0.84% TO 19,883.95 AT CLOSE