中国:4月の住宅販売、前年比63%増-当局の抑制措置でも勢い衰えず

中国の4月の住宅販売は引き続き増加した。一部の大都市で住宅価格が急激に値上がりしたことから当局は抑制措置を講じたが、上昇の勢いが弱まっていないことが示唆された。

  国家統計局が14日発表したデータを基にブルームバーグが算出したところ、4月の新築住宅販売額は前年同月比63.5%増の7937億元(約13兆2300億円)。3月は同71%増だった。

  中国当局による刺激策を受けて高まった住宅取得熱と急激な価格上昇を抑えるため、一部の都市は3月半ばから引き締め措置を打ち出した。

原題:China Home Sales Soar in April, Defying Government Tightening(抜粋)